プロフィール

Deutsch

English


桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。オーストリア国立モーツァルテウム音楽大学大学院修士課程ピアノ演奏科修了、「マギスター・デア・キュンステ」の称号を得る。バッハに関する修士論文は最高の評価を獲得。また、ウィーン国立音楽大学にてチェンバロをインゴマー・ライナー氏に師事。

ザルツブルク・スタインウェイ・ホールにてソロリサイタルを開催。イタリア、トリエステにおけるステファノ・マリッツァ国際ピアノコンクール第2位入賞。入賞者演奏会の模様はイタリアにてテレビ放映される。2006年のモーツァルト・イヤーにはザルツブルガー・ゾリステンとモーツァルトのピアノ協奏曲第12番K.414を共演。同年ザルツブルクのミラベル宮殿マルモア・ザールにてイェルク・デームス氏と共演する。フロレンターノ・ロッソマンディ国際ピアノコンクール入賞。

ピアノを山田富士子、三谷温、田崎悦子、オリヴァー・カーン、イムレ・ローマン、パウル・バドゥーラ=スコダの各氏に師事。またイェルク・デームス、カール・ハインツ・ケマリンク、エドワード・アウアー各氏のマスターコースを受講。2005年には、セルジオ・ペルティカローリ氏の国際夏期音楽講習会(ザルツブルク)でのマスターコースに、奨学生として参加。歌曲伴奏法をワルター・モーア氏に、一台四手をイムレ・ローマン氏に師事。

銀座王子ホールでのピアノ・リサイタルを機に、活動の拠点を日本に移す。王子ホールでのリサイタルは、「ムジカノーヴァ」、「音楽現代」にて好評を得る。 これまでにイタリア、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、クロアチアにおいて演奏会を行う。
これまでに、すぎなみ文化芸術活動助成基金助成事業として3回のコンサートを開催。現在音楽セミナー、コンサートを年間約50回開催。桐朋講座講師。代官山ヒルサイドテラス「MAIクラシックセミナー」講師。六本木シンフォニーサロン「MAI六本木クラシックセミナー」講師。2015年より新たに、代官山ヒルサイドテラス「高橋舞の“聞けば、聴くほど”」、六本木シンフォニーサロン「高橋舞の六本木音楽セミナー」にて講師を務める。

2013年にはアメリカ、サン・ノゼでピアノ・マスター・クラスを開催。2014年5月にセミナー受講生を対象とした「高橋舞と巡るヨーロッパ6泊8日の旅」を実施。2016年4月「同ドイツの旅」を実施。2018年春には「同ハンガリーの旅」を実施予定。音楽によるボランティア活動にも熱心に取り組んでいる。

2017年4月より東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻在学中。

Biography

The pianist, Mai Takahashi, was born in Tokyo, Japan, where she graduated from Toho Gakuen School of Music. In 2003, she continued her studies at the Universität Mozarteum Salzburg in Austria with Prof. Klaus Kaufmann and Prof. Imre Rohmann. She also studied cembalo from2004 to 2006at the Universität für Musik und darstellende Kunst in Wien with Prof. Ingomar Rainer.

Having completed her postgraduate studies at the Universität Mozarteum Salzburg in 2007, Mai proceeded to embark upon a master’s degree course in Keyboard Instruments/Piano at the same institution.

She took master courses with Prof. Jörg Demus, Prof. Karl Heinz Kämmerling, and Prof. Walter Moore. In 2005 she was invited as a scholar on the master’s course, to the International Summer Academy in Salzburg, studying with Prof. Sergio Perticaroli.

Having taken piano lessons with Prof. Oliver Kern and Prof. Paul Badura-Skoda, Mai has been a prizewinner at several international competitions. In 2006, Mai played Mozart’s concerto K.414 with the Salzburger Solisten under the direction of Luz Leskowitz in Tokyo. She has given performances at various concerts; including piano solos; chamber music, and vocal music, in Italy, Germany, Austria, Hungary, Croatia and Japan.

Lebenslauf

Die Pianistin Mai Takahashi wurde in Tokyo geboren. Von 1999 bis 2003 studierte sie an der Toho-Gakuen-Hochschule für Musik in Tokyo bei Prof. Fujiko Yamada und Prof. Etzko Tazaki. Nach dem Abschluss der Toho-Gakuen-Hochschule für Musik in Tokyo studierte sie von 2003 bis 2007 an der Universität Mozarteum Salzburg bei Prof. Klaus Kaufmann und Prof. Imre Rohmann. Von 2004 bis 2006 studierte sie Cembalo an der Universität für Musik und darstellende Kunst Wien bei Prof. Ingomar Rainer.

2007 absolvierte sie das Magisterstudium Tasteninstrumente/Klavier an der Universität Mozarteum Salzburg und machte den “Magistra der Künste”.

Sie besuchte Meisterkurse u.a. bei Prof. Jörg Demus, Prof. Karl Heinz Kämmerling und Prof. Walter Moore. 2005 wurde sie als Stipendiatin zum Meisterkurs mit Prof. Sergio Perticaroli zu der Internationalen Sommerakademie in Salzburg eingeladen.

Bei Oliver Kern und Paul Badura-Skoda nahm sie außerdem Klavierunterrricht. Sie ist Preisträgerin einiger internationalen Klavierwettbewerbe. 2006 führte sie Mozarts Klavierkonzert K.414 mit den Salzburger Solisten (unter der Leitung von Luz Leskowitz) in Tokyo auf. Sie gab zahlreiche Solo- und Kammermusikkonzerte sowie Liedbegleitungen in Italien, Deutschland, Österreich, Ungarn, Kroatien und Japan.